・プライバシーポリシー

企業案内|株式会社岡本ペンキ店 塗装・外壁・屋根・塗り替え・リフォーム・塗装の事ならお任せください

弊社では塗装の際のカラーシミュレーション
を事前に確認頂けます。


法人のお客様へのご案内

アクセスマップ

ホーム > 塗装リフォーム

塗装リフォーム

充実した設備とノウハウ

充実した設備とノウハウ塗装の外壁や屋根の塗装には価格や寿命・機能に応じさまざまな種類があります。ただ一概に高額なものを選べばいいかというとそうでもありません。下記の表は塗装種類の種類と性質をまとめた一覧表です。ご覧頂いたように、新築塗装はそれほど良いものは使われておりません。

新築と言えども、5年~8年が経つころになると、自然とひび割れが発生したり、 色あせてきたりもします。これは劣化と呼ばれる現象ですが、これらの症状を放置しておくと、確実に家の寿命が短くなります。

種類 寿命 価格 特徴
アクリル ~8年 安価 最も良く使われるタイプで新築はほとんどが
このアクリル塗装が施されています。
ウレタン ~10年 紫外線に強く水はじきが良い。
シリコン 12~15年 やや高額 親水性・紫外線・汚れに強く、戸建住宅に最適。
フッ素 15年以上 高額 特徴はほとんどシリコンと同じだが、
耐久性はシリコンよりも長い。価格は割高。

上記はあくまでも目安ですが、環境や施工状況によっても変わります。
現在、最高級と呼ばれる外壁塗装はフッ素塗装ですが、いくら塗装寿命が長くても、定期的な健診が必要だと思います。10年から15年に一度は健診する事も考え、価格や手軽さから言っても、お勧めは
シリコン・ウレタン塗装をお勧めします。

弊社では、お客様のニーズに合わせたプランをご提案し、幅広い用途の対応に努めています。
お気軽にご相談ください。

外壁の塗り替え目安・屋根の塗り替え目安

塗り替えが必要な症状とは

あなたのお家はだいじょうぶですか?
手遅れになる前にお早めのご相談を!!


塗装は、住宅外壁用のペンキの場合一般的に利用されているものは7~10年が耐久性があり、現在新しく開発されているものでも12~15年が限界とされています。そのため、一般住宅の一生の間に、2~3回の塗り替えが住宅を長持ちさせるコツと言えるでしょう。

仮にもともと30年の耐久年数のある建物を1回も塗り替えなしない状態でいると、かなりの傷みや劣化が見られるとおもいます。手遅れになってからでは、遅くなることもあります。大切な住宅を、簡単な塗装リフォームで、いつまでもきれいで、長持ちのする住宅にしましょう。

下記のような症状があったら要注意!あなたのお家は悲鳴を上げています!


塗り替えはじめるリフォーム

その他にも、各種材質の塗装・コーティング作業のご依頼も承っております。
塗装の事ならなんでもご相談ください。


施工事例